大阪府高石市,日曜日診察,歯科

大阪府高石市,日曜日診察,歯科


ホワイトニング

 
3Dポリリン
 
輝く白い歯を手に入れたいなら3Dポリリンホワイトニングシステムがオススメ!
 
3Dポリリンホワイトニングシステムとは
3Dポリリンホワイトニングシステムとは、ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。
このポリリン酸は微生物から哺乳類にいたるまで、あらゆる生物の体のなかにもともとある成分のため、その安全性も担保されております。
3Dポリリンホワイトニングシステムとは、このポリリン酸を使って歯の汚れをおとし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、
痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。
 
外側からホワイトニング
ポリリン酸により、歯の表面を傷つけることなく汚れを落とします。
→ポリリン酸は歯の表面を傷つけるのではなく、汚れを「浮かせて落とし」ます。
 
内側からホワイトニング
歯の内部にまで入り込んだ着色物質を分解(漂白)します。またこのとき、ポリリン酸が漂白効果をアップさせ、従来のホワイトニング剤を用いたときよりも3倍白くすることが期待できます。
 
しみにくい、痛くなりにくい
従来のホワイトニングでは施術中にしみたり、ホワイトニング後、最大で24時間痛みが出ることがあります。
しかし、ポリリンホワイトニングシステムではポリリン酸が施術中やその後も歯の表面をコーティングしているため、しみにくい、痛みが出にくいのが特徴です。
またコーティングにより、ツヤツヤで汚れのつきにくい歯を保てます。
 
ポリリン酸がステインを落として付きにくくする仕組み
 

 
紅茶やコーヒー、タバコのヤニ等でくすんでしまった歯の表面には、ステインが付着しています。
 
(1) ポリリン酸は歯面に付着したステインに近づくと、
(2) ステインを剥がしながら、
(3) 歯の表面をきれいにすると同時に、
(4) 歯をコーティングして、再び汚れてしまうことを防ぎます。
 
3Dポリリンホワイトニングシステムのメリット
ポリリン酸は、歯に付着するステイン(歯の黄ばみやくすみの原因物質)を落としやすくして付きにくいという特長があります。
通常、歯のホワイトニングには清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等が使われいずれも歯を傷つけてしまう原因となりますが、ポリリン酸を使った3Dポリリンホワイトニングシステムであれば無駄に傷をつけることがなく、輝く白い歯を手に入れる事ができます。
 
3Dポリリンホワイトニングシステムの効果
 
1.従来のホワイトニングより数倍白くなる。
2.色の戻る率が低い。
3.エナメル質の表面を守れる。
4.着色しにくく、透明感が残る
5.痛みがなく、知覚過敏になりにくい。
 
つまり・・・・・
①三倍白くなる。②しみない。③着色戻りが圧倒的に少ない。④歯質を強化できる。
⑤傷つけない。⑥歯の表面と内部両方をコーティング
 
 
ホワイトニング
 
ホワイトニングには、(オフィスホワイトニング)と(ホームホワイトニング)の2種類があります。
歯の表面にホワイトニング剤を塗布して歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。
ご自分の天然な歯を削ることなく白く明るくします。
素敵な笑顔は美しく白い歯がポイントです。結婚式や発表会など大切なイベントを控えている方、ホワイトニングをしてみませんか?

ホワイトニングのメリット デメリット

メリット

歯のホワイトニングは身だしなみの1つとされています。
審美歯科先進国のアメリカでは多くの人が審美歯科治療をうけています。
ホワイトニングは日本では『特別な事』と考えられがちですが、海外ではホワイトニングは、特別な事ではなく身だしなみの1つとして考えられています。
笑顔は人に大きな印象を与えます。
口元にコンプレックスがあると、人前ではなかなか自然な笑顔を作れません。
美しい口元は自信を与え、気持ちを前向きにさせてくれます。
審美歯科は美しい歯や歯肉を作るばかりではなく美しい笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらしてくれます。
美しい笑顔を手に入れ自分の笑顔に自信を持つことは、人生をより豊かにし、可能性を広げてくれるでしょう。

デメリット

1回の施術で完全に終わるわけではありません。
ホワイトニングは1回の施術で終了しません。
歯科医院でオフィスホワイトニングを行い、一気に歯が白くなりますが、そのまま放っておくと1年で色が落ち始めます。
さらに放っておくと元の色に戻ってしまいますから、白い歯を維持したいのであれば色落ちが目だつ前にタッチアップホワイトニングを行わなければならないのです。
タッチアップホワイトニングはもちろん料金を必要としますが、最初のホワイトニングに比べて格安です。
ヘアカラーが色落ちするように歯のホワイトニングも維持が必要となるわけです。

人工の歯にはホワイトニングの効果はありません。
人工の歯や薬品等による変色が著しい歯をお持ちの方はホワイトニングの効果を最大限に引き出すというのは難しくなるのも現実です。
むやみにホワイトニング治療に申し込むのではなく担当医と十分話し合った上で慎重に決定するようにしましょう。

オフィスホワイトニング


オフィスホワイトニングは、歯医者さんにしてもらうホワイトニングになります。 歯の表面にホワイトニングの効果のあるお薬を塗って、光を当てて白くしていきます。 歯医者さんの管理のもと行うことができますので、めんどくさがりの患者様にはもってこいのホワイトニングになります。 オフィスホワイトニング中は、ほとんどの患者様がスヤスヤと寝てしまう程心地の良い治療となります。

ホワイトニングの効果は、単に歯を白くすることだけに留まりません。 白い歯を手に入れた患者さんはもっと健康になりたいという意識が高まります。 一方、補綴や矯正治療を行う患者さんは、よりきれいにとの想いを持っており、ホワイトニングはそれに応えることができます。 このようにホワイトニングは、そのほかの診療と相互関係を保ち、患者満足度をより高めることができます。

患者さんに対してインフォームドコンセントを行います。シェードテイキングを行い、口腔内の撮影を行います。

歯面清掃材プレティオンを用いて歯面清掃を行います。

保湿効果の高いリップジェルを口唇に塗布し、リトラクター、つづいてフェイシャルシート、保護眼鏡を装着します。 そしてコットンロール、ガーゼを用いて口唇の排除、粘膜面の保護を行い、最後に歯肉保護レジンで歯肉部分を覆い歯科重合用光照射器で硬化させます。

シリンジAとシリンジBを接合し、内容物全量を左右交互に20回移動させ、しっかり混和します。 混和後、全てのジェルをシリンジBに移します。

リアクターのボトルをよく振り、ディスポーザブルディッシュに5滴滴下します。 そして付属のディスポーザブルブラシを用い歯面に一層塗布します。

シリンジBにディスポーザブルファイバー付きチップを装着し、歯面に塗布します。

ジェルの厚さは、1mmを目安とします。塗布後、1歯につき1分間光照射を行います。

光照射後、綿球などでホワイトニングジェルを除去します。 この時、歯肉保護レジンが外れる可能性があるので水洗は行わないでください。

歯肉保護レジンやガーゼを全て除去し、水洗後、うがいをしてもらいます。

フッ素含有のジーシーPTCペーストファインを用いて歯面清掃を行い、ホワイトニングの完了です。 術前と比較するために、口腔内を撮影します。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、ご自宅や通勤時間などを利用して、好きな時間に歯を白くしていく方法です。あなたの歯型に合わせたマウスピースを作成し、そこに歯を白くするホワイトニングジェルを流し込んで、毎日1~2時間装着します。ホワイトニングジェルがだんだんと歯に浸透し、ゆっくりと歯を白くしていきます。通常1週間程度から効果が出始め、2週間~2ヶ月程度で希望の白さまで白くすることができます。

ホワイトニングの効果は、単に歯を白くすることだけに留まりません。
白い歯を手に入れた患者さんは健康に対する意識が向上します。一方、補綴や矯正治療を行う患者さんは、よりきれいになりたいという想いが強くなり、ホワイトニングはそれに応えることができます。このようにホワイトニングは、そのほかの診療と相互関係を保ち、患者満足度をより高めることができます。




©2018 綾園歯科 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ