大阪府高石市,日曜日診察,歯科

大阪府高石市,日曜日診察,歯科


審美歯科


美しさは口元から

審美歯科とは美しさに焦点をあてた歯科治療のことを指します。従って歯並びを治す矯正歯科も大きく考えれば審美歯科に当てはまりますが、一般的に呼ばれている審美歯科とは、 歯を白くしたい歯並びを美しくしたい詰め物や被せ物をより自然に見せたいといった要望にお応えする治療で基本的に自費診療になります。

保険治療で使用した金属の詰め物やプラスチック製の
被せ物が経年により劣化・変色してしまうのに対して
耐久性や審美的・機能的にも向上するものを使用します。

メタルフリー治療 -オールセラミックス-

耐久性に優れている銀歯ですが、目立つだけでなくお口にトラブルを招くことがあるのをご存じでしょうか?

銀歯に使われている合金は、温度変化など過酷な環境下で経年劣化する素材。唾液により次第にイオン化して溶け出し、歯茎に着色を引き起こすことがあるのです、また近年注意が促されているのが、金属アレルギー。

イオン化して溶け出した金額イオンが唾液を介して全身をまわり、身体のさまざまな不調を引き起こすこともあります。

このようなことから単に美しい見た目を実現するだけでなく、健康を保つためにも、当院では身体にやさしいメタルフリー治療をご提案していきます。

お口の中にも安全・安心を

保険適用の虫歯治療で歯を削った場合、奥歯には主に金属の詰め物・被せ物が使用されます。

一般に「銀歯」と呼ばれ、歯列の中で目立つため、見た目の悪さを気にされる方も少なくありません。

また、前歯にはレジン(歯科用プラスチック)が使われますが、審美性に優れているものだとはいい難い素材です。

これらを白い素材に交換し、天然歯にも勝るとも劣らない美しい歯列にすることが可能なのがメタルフリー治療です。

自費診療で使用される被せ物(クラウン)ジルコニアクラウン(セラミッククラウン)

保険診療のレジン前装冠の表面が経年的に黄色く変色したため審美的な理由からオールセラミッククラウンに作り直したケース

素材:ジルコニアフレーム+築盛ポーセレン(表面)

e.max(イーマックス)とは?

ニケイ酸リチウムから作られている強化ガラスセラミックです。 高い透明度とともに、通常の歯科用セラミック(自費築盛用陶材) のおよそ3倍から5倍の強度(360~400Mpa)があります。
詰め物(インレー)としてだけではなく、臼歯、及び前歯の被せ物(クラウン)としても使用できます。

自費診療で使用される詰め物(インレー)e.maxインレー(セラミックインレー)

保険診療のメタルインレーを審美的な理由でセラミックのインレーに作り直したケース

素材:IPS e.max(ニケイ酸リチウムガラスセラミック)

当院で推奨しているメタルフリー素材

フルジルコニア

審美歯科
内側から外側まで全てジルコニア素材を使用しています。
歯科技工物の中では最強の
硬度を持つ素材です。金属を使わないので、金属アレルギーが心配の方にも最適で、チタン並みの人体との親和性があります。


ジルコニアボンド

審美歯科
ジルコニアで作られた技工物の表面に透明感のあるセラミックを焼き付けたもので
自然な透明感が出せるため優れた審美性・強度
を持つ最高級素材です。


e-max

審美歯科
オールセラミックとは、すべてセラミックからなる素材の総称でセラミック素材の中でも強化ガラスセラミックで作られた
e-maxは光を透過するため、まるで天然歯のような透明感があり年月が経っても変色が少ない素材です。
ジルコニアと比べると強度は多少劣りますが、審美的に優れた素材です。

歯にやさしいファイバーコアで長持ち

歯の土台(コア)部分に仕様するものはメタル(銀合金)が一般的です。

しかし、デメリットが多く、トラブル発生の可能性も高くなります。

メタルフリーなら断然ファイバーコアがおすすめです。




©2019 綾園歯科 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ