大阪府高石市,日曜日診察,歯科

大阪府高石市,日曜日診察,歯科


義歯治療

 

歯を失ってしまった場合の選択肢

失った歯を補う治療の一つに入れ歯(義歯)があります。

部分的に歯を失った場合は部分入れ歯にて、

すべての歯を失った場合は総入れ歯にて補います。

入れ歯にも保険適用のものと審美性、機能性に優れた自費治療のものがあります。

歯を全て失った場合

虫歯や歯周病などによりすべての歯を失った場合

粘膜(歯槽堤)の形にピッタリと合う総入れ歯を作ります。

保険診療による総入れ歯

保険診療で受けられる場合は、素材がすべてプラスチック(レジン)となります。

 

適用範囲が広く、ほとんどの症例で使用することが出来、安価で、印象採取を行ってから短期間で作ることができますが、
固定するところがなく粘膜に吸着させていますので安定が悪く、しっかりかむことができません。

 

また樹脂製なので強度を出すために全体的に厚く大きく作られており、装着時に違和感が強くなり
熱伝導が良くない材質なので、食べ物の温かさや冷たさを感じにくくなります。

 

部分的に歯を失った場合

1本~数本の歯を失った場合、「部分入れ歯」を用います。

保険診療による部分入れ歯

レジンで出来た人工歯と義歯床をクラスプと呼ばれる金属製の留め具を用いて健康な歯に固定します。

噛む力によって固定したご自身の歯に負担がかかります。

その為食事の際に揺れたり、歯と歯茎の間に食べ物が挟まるなどの違和感が生じます。

金属のバネが露出している為見た目が気になる場合もあります。

 

自費診療による義歯治療

金属床義歯

歯肉に触れる部分がコバルトクロム合金等の金属素材で作られた入れ歯(自費診療)です。

一般的なレジンに比べ強靭で床を薄く出来る為異物感も少なく熱伝導率が高いので装着感も優れています。

 

磁性アタッチメント(マグフィット)

残っている歯根に磁性金属を埋め込み、入れ歯の裏側(歯肉に触れる側)に小さい磁石を埋め込み磁力を利用して固定します。

歯根が残っていない場合はインプラント手術によって対応します。

小さな磁石で大きな吸引力が得られ、よく噛め、支えとなる歯に無理な負荷がかかりません。

またぴったりと吸着しているので違和感が非常に少ないのが特長です。

バネや複雑な仕掛け等がないシンプルな構造なので簡単に装着取り外しができメンテナンスも容易です。

ノンクラスプ義歯

部分入れ歯は隣の歯に金属製の留め具(スラクプ)をひっかけることで義歯を固定させます。

 

留め具が目立つため入れ歯を装着していると分かりやすいことと、留め具により隣の歯に負担がかかり大きな違和感を与えてしまいます。

 

金属製の金具(バネ、止め具)の代わりに、義歯床を延長して義歯を支えるのがノンクラスプデンチャー(義歯)です。

ノンスクラプデンチャーは、入れ歯を装着しているかどうか、ぱっと見ただけでは分かりません。

また、素材が非常に薄く、透明感があるので装着した時の違和感も少なめです。

 

部分入れ歯のみの適用にはなりますが、身体への負担も少ないのが特長です。




©2019 綾園歯科 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ